福井県経済連|福井県経済農業協同組合連合会|営農情報|農産振興|福井のお米|福井県|福井市

 

ふくいの園芸・特産物

 

福井の園芸ニュース

福井の園芸ニュース
フォーム
 
「ふくい白ねぎ産地拡大大会」を行いました。
2014-02-19

     香川理事長挨拶           法心常務の講演             小西さんの講演

 

 

 2月5日(水)に「ふくい白ねぎ産地拡大大会」をJA県経済連総合センターにて開催しました。県内生産者やJA、流通関係者ら約150人が参加し、県産白ねぎの年間販売額10億円を目指して、水田活用を柱に生産拡大を図ることを確認しました。

 

 ねぎの生産は近年、県内一円で生産が広がっており、作付面積は  5年間で約25㌶(2008)から約60㌶(2013)に増加しています。販売額は福井を代表する梅や里芋を抜き、園芸販売トップの約4億円となっています。冒頭、香川理事長は開会挨拶にて「農業を取り巻く国の政策が変化する中で、白ねぎを一つの起爆剤にしたい」と述べ、重要品目として一層の出荷拡大に努める考えを示しました。次いで講演した大阪中央青果の法心常務は「福井産白ねぎの需要はある。消費者がまた買う品質で、責任もって出荷してほしい」と生産者に訴えました。大会では、JA福井市の白ねぎ生産者・小西さんが専用機械を活用した白ねぎ大規模栽培の取組みを紹介。また大規模生産者を代表し、JA若狭の白ねぎ生産者・国久さんが「関係者が一体となって生産拡大を成功させ、難局を乗り越えよう」と10億円産地に向けた決意を述べ、参加者全員でがんばろう三唱を行いました。

 大会ではその他にも白ねぎに関係する農業機械や肥料農薬、コスト低減を図った包装資材等が展示されました。
 
 
 
 
   
<<福井県経済農業協同組合連合会>> 〒910-0005 福井県福井市大手3丁目2番18号 福井県農業会館5階 TEL:0776-27-8250